×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【資格・通信講座のお役立ち情報をご紹介しています!】

宅建資格合格を目指している人のための宅建情報サイトです

宅地建物取引主任者は、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者です。
ところで、宅建試験は毎年7割〜8割の問題が過去問の焼き直しの形で出題されています。ですから、過去問や模擬問題で、過去に出題された問題を徹底的に検証し、試験に出るところを必要な分だけ学習すれば合格することはそれほど難しくありません。
しかし、ただやみくもに学習するだけでは合格することはできないでしょう。
合格する人は、しっかり計画を立て自分のライフサイクルに合った学習法を確立しています。
このため、宅建通信講座を有効活用することも合格への強力なツールとなることでしょう。
そこで当サイトでは、初心者を対象に宅建を楽しく学んで合格してもらうための宅建に関する基本的な情報を紹介しています。
宅建は社会人に超人気の資格です。法律知識が全くない方、大歓迎です。
<宅建のオススメ通信講座>


★ヒューマンアカデミー(たのまな)

ヒューマンアカデミー(たのまな)の講座では、業界未経験の初心者でも一から始められるカリキュラムと、一から十の全てではなく、合格ラインとなる七割の知識をムリムダなく修得する学習法で、あなたをラクラク合格へと誘います。






★資格★合格クレアール

合格に必要な部分だけを凝縮!教材類 「非常識合格法」を実践し、無駄を徹底的に排除したコンパクトな教材群です。 図表やイメージで情報を整理して理解力を助け、知識の定着へと繋げていきます。






★大栄教育システム

宅建の学習を進める上で必要なテキストや問題集は、すべて大栄の長年のノウハウを凝縮したオリジナル教材です。ムダを省き、合格のためのポイントを絞り込んだ教材が、短期間で確実な合格を可能にします。






★総合資格ナビ

取引主任者の活躍の場は、主に不動産会社や建設会社です。雇用形態は、正社員がほとんどですが、不動産資格の基本でもあることから、入社してから取得する場合が多いようです。
あるいは有利に転職活動を進めるために取得する人もいます。企業では資格保持者には資格手当てなど支給されることが一般的です。また個人で開業することも可能です。
年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験することができまるので、不動産の個人契約の場面でも役に立ちます。





★ケイコとマナブ

スクール・講座の検索ならケイコとマナブ.net。仕事に役立つ資格情報が満載です。


今すぐ無料資料請求から!    

Powered by NINJA TOOLS